みなさま、こんにちは!
ミックマックです。

今日は環境に関するこんな記事のご紹介です。

という記事です。

まず、浦島太郎のカメがオスなのか、メスなのかって気になりますね~。
こういう視点で考えられるのが、さすが素晴らしいと思いました。
子どもたちにもなじみの深い浦島太郎の話だからこそ、
子どもたちも、興味を持って聞けるんだろうと思います。

今回、なぜ、ココリコの田中さんが小学生に特別授業をしたのかと言うと、
『笑いを通じて、地球環境の問題を子どもたちに伝えるため』だそうです。

これ、本当に素晴らしいですね!

普通、地球環境問題の話をするときって、深刻になりがちだと思います。
深刻な話を、子どもたちの前ですると、それを聞いている子どもたちも深刻になりますよね~?

だけど、そこに笑いの要素があると、地球環境問題に興味を持って楽しく学ぶことができると思います。

楽しく学ぶってすごくいいですよね。

もちろん、そうは言ってられないほど、地球環境問題は深刻な局面を迎えています。
だけど、だからこそ、地球環境問題に興味を持ってもらう、第一歩は面白くということが大事になってくるんですよね~。

笑いとエコ。

これから、子どもたちとエコを学ぶ上で、重要なキーワードになりそうです。