みなさま、こんにちは!ミックマックです。

今日は、清掃の仕事に関するネット記事のご紹介です。


ゴミを収集する人、排出する人。誰にとっても必要不可欠な“清掃事業”への理解を深めようと、大東文化大学法学部で准教授を務める藤井誠一郎氏は清掃業に従事した。実際の現場で働いた彼が目にしたものとは……

ということで、大学の先生が自ら清掃業に従事して収集現場のリアルを書いているという記事です。
実際に働いて書かれたものということで、とてもリアルですね~!いい記事だと思います。

気がつくと目の前に自転車が現れているという状況になるのである。

これもよくわかりますね~。

特に、夏の暑い日に、ニオイと暑さで気力体力が奪われる中作業していると、ハッとしたという経験は、収集員なら誰しもあると思います。

他にも、収集作業のリアルが盛りだくさん。

もしご興味があれば、ぜひ読んでみてくださいませ~。